過去問重視勉強法

高校受験や大学受験をする際やはり1番気になるのは偏差値だと思われます。


しかしながら実際は偏差値などはさほど関係なく、判定も当てになりません。


何故ならば、実際に私自身はA判定でも落ちましたしC判定でも受かりました。


これは何が違うのでしょうか?
根本的な差はやはり偏差値や判定などではなくて受験当日に点数が取れるかどうかだと思います。


なので受験生は模試の結果など気にせずに全力で過去問を解き、その過去問を分析する勉強法をオススメします。


偏差値は適当です。


そもそも偏った値ですので、自分の解ける問題がたまたま多ければ、実力がなくても高い偏差値はでますし、志望校に必要ない知識の範囲が多く出題された場合は偏差値が低くなります。


なので過去問重視で勉強しましょう!